夏カキ「ひとつぶくん」の販売が始まりました

0
    昨日6月9日(火曜日)から江田島市の名物、夏カキ「ひとつぶくん」の販売が始まりました。

    販売をしているのは「海辺の新鮮市場」さんで、加熱用の殻付きを1個300円で販売しています。
    また、2階の食堂では特製ドレッシングをかけた「イタリア風冷カキ」を350円で食べることが出来ます。


    とってもあっさりして、大きな身なので食べごたえがありました。
    カキは冬の物だと思っている方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

    夏カキ「ひとつぶくん」の販売が始まりました

    0
      江田島市ブランドの夏カキ「ひとつぶくん」の販売が、「海辺の新鮮市場」で始まりました。


      粒が大きいのが特徴で10月中旬まで出荷されるそうです。
      殻付で300円ですが、2階の食堂では「イタリア風冷カキ」は350円で食べることが出来ます。


      カキは冬のイメージですが、夏でも食べられるカキを一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

      「朝だ!生です旅サラダ」で江田島が紹介されたそうです

      0
        私は見逃してしまったのですが、12月21日(土曜日)に、朝日放送(広島ではホームテレビ)系の「朝だ!生です旅サラダ」で江田島のオコゼ料理が紹介されたそうです。

        リポーターのラッシャー板前さんが来られて、生中継だったようです。
        江田島市能美町の鹿川漁協さんが水揚げしたオコゼを同じく江田島市能美町鹿川の民宿「ねんごろなじま」さんがお刺身や唐揚げ、煮付け、炊き込みご飯など料理をされたそうです。オコゼってグロテスクな見た目と違って白身の美味しい魚ですよね。

        江田島でオコゼが捕れるのも、テレビで中継があるのも知りませんでした。勉強不足ですね。

        ちなみに広島ホームテレビさんのホームページ12月6日の新着情報でしっかりと告知もされていました。
        どんな風に紹介されたのか、見たかったですね。

         

        江田島グルメ 「海辺の新鮮市場」

        0
           三高港の従業員がお客様からよく聞かれるのが「海辺の新鮮市場」さんまでの行き方だそうです。

          そう言えば5月15日付けのブログに登場して頂いたサイクリングのお客様も「海辺の新鮮市場」さんに行きたかったとおっしゃっていました。
          宇品港でサイクリングのお客様と話をするとやはり「海辺の新鮮市場」さんの名前がよく出てきます。

          そこで、今回はその「海辺の新鮮市場」さんの紹介をさせて頂きます。
          このお店だけを目的に江田島にお越しになるお客様もいらっしゃるほどの人気店です。
          2011年冬に発行されたBridgeさんの「海と風」にも掲載されているお店です。



          店内に入ってまずは1階でお刺身を選びます。一皿に3種類の魚が盛りつけてありますが、何パターンかありますのでお好きなものを選んで下さい。


          お刺身を選んだら、こちらでお会計です。お刺身だけだと850円ですが、小鉢を頼むと1皿150円の追加となります。

          そして、階段を上がって2階へ。

          2階には炊き込みご飯と魚のあらのお味噌汁が用意されています。




          炊き込みご飯は平日は3種類ですが、この日は日曜日だったので5種類も有りました。ちなみに「鯛ご飯」、「イカご飯」、「牡蠣ご飯」、「ホタテご飯」、「鶏ご飯」でした。



          この炊き込みご飯とお味噌汁は食べ放題で、全種類のご飯を制覇される方も結構いらっしゃるようです。

          営業時間は11時からですが、ご飯やお刺身が無くなった時点で終わりになりますので、土日祝日に行かれる場合は早めに行かれる方が良いですよ。

          海辺の新鮮市場
          江田島市江田島町江南1−1−37
          (0823)40−0170

          三高港からは車で約15分です。


          大きな地図で見る

          江田島グルメ 「島の台所 旬菜」

          0
             今回はBridge別冊「海と風」で紹介された美味しいものが食べられるお店の第3段です。

            江田島市で一番賑やかな飛渡瀬・江南地区にある「島の台所 旬菜」さんです。


            「ゆめタウン江田島店」や「EDION」も近くにあります。

            夜は海鮮料理をメインにした居酒屋さんですが、昼はランチもされています。
            この日は一番人気の「旬菜ランチ」を頂きました。

            少しずついろんな料理が食べられるということで女性に大人気だそうです。ちなみにお値段は850円です。
            ランチは他にも刺身定食、とりから定食などがありますが、やはり多くの方が「旬菜ランチ」を注文されていました。
            新鮮な食材を使われているようで、お刺身も美味しかったですよ。
            土日も営業をされているようですので、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。


            島の台所 旬菜
            江田島市江田島町江南1丁目2−16
            (0823)42−0320





            大きな地図で見る

            江田島グルメ 「天せい」

            0
               3月29日に紹介させて頂きましたBridge別冊「海と風」、皆さんはもうご覧にになられましたか?
              江田島では食事をする場所がないといわれる方もいらっしゃいますが、この「海と風」では地元の方がお薦めするお店が紹介されています。

              今回は、その中の「天せい」さんに行って来ました。
              「天せい」さんは活魚料理と民宿の「ねんごろなじま」さんの天ぷら専門店です。




              注文したのは天ぷら定食(竹) 1,000円 です。

              まずは、ご飯、味噌汁、サラダ、漬物のセットが出てきます。


              そして、目の前で揚げた天ぷらが一品ずつ出てきます。

              この日の最初の一品はエビでした。普通のエビの天ぷらと、大葉にまかれたエビのてんぷらです。


              次に、キスの天ぷら、タコの天ぷら。


              次にイワシの天ぷら、ナスのてんぷら。


              そして、玉ねぎ、しいたけ、ししとうの天ぷらで最後です。



              カウンターだけの小さなお店なので、タイミングによっては少し待たなければならないかもしれませんが、このお値段で、食べるタイミングにあわせて一品ずつ目の前で揚げてくれるのは、待つだけの価値はあると思いますよ。

               
               

               天せい
               
               
               
                江田島市能美町鹿川4724−28
               
               (0823)45−4708(ねんごろなじま内)

              「秘密のケンミンSHOW」で「大豆うどん」が紹介されました

              0
                 4月11日に日本テレビ系で全国放送された「秘密のケンミンSHOW」の「ヒミツのごちそう」コーナーを見ていたら、いきなり見慣れた風景が映りました。三高港でした。「ドリームのうみ」が休憩中でしたので明らかに「シーフレンド」から撮影した風景でした。

                江田島で「ヒミツのごちそうって」何だろう?って思っていたら「大豆うどん」でした。

                紹介されたお店は江田島市大柿町小古江にある「ふれあいプラザさくら」と江田島市大柿町飛渡瀬にある徳永豆腐さんが営業されている「豆が島」です。ともに三高港から車で15分から20分程度の場所にあります。

                今日は早速「ふれあいプラザさくら」さんに行って来ました。




                「ふれあいプラザさくら」さんの「大豆うどん」は刻んだ油揚げ、煮つけたしいたけ、刻みネギ、それに柔らかく煮込んだ大豆が載っていました。これで350円はお安いですね。大豆は出汁にも使われているそうです。

                大豆は柔らかくて、とても美味しかったですよ。大豆が入っていることでボリュームもあり結構お腹いっぱいになりました。

                隣には農産物の直販所もあり、柑橘類や花が売られていました。


                全国ネットのテレビで取り上げられたという事で、お客様が増えているようで、駐車場もすぐにいっぱいになっていました。

                江田島から全国に発信されたグルメ「大豆うどん」。
                ぜひ一度食してみてはいかがでしょうか。

                1

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << April 2017 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • 野村水産さんで「かき打ち体験」が出来るようになりました
                  ロバート
                • 今年のいちご狩り
                  内田
                • ドリームのうみの最終運航日が決まりました
                  船の写真館
                • ドリームのうみの最終運航日が決まりました
                  江田島汽船
                • ドリームのうみの最終運航日が決まりました
                  船の写真館
                • 江田島で「いちご狩り」
                  江田島汽船
                • 江田島で「いちご狩り」
                  松井 多恵
                • 中京テレビ放送さんの番組で江田島の牡蠣が紹介されました
                  初めての株
                • 夕焼けクルーズのシーズンが始まります
                  江田島汽船
                • 夕焼けクルーズのシーズンが始まります
                  ミニパパ

                links

                profile

                書いた記事数:381 最後に更新した日:2016/08/16

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM